ピラティススタジオ & スポーツアロマコンディショニングルーム

bodyvoice title

女性専用(男性は紹介・お知り合いのみとさせて頂きます)

facebook

Pilates

ピラティスについて

BODY VOICEでは、運動が苦手、初めての方、肩凝り腰痛がある、体型が気になっ てきた方、試合や、レースや舞台で パフォーマンスをあげたい方等、老若男女どんな方でも、その人その人に合わせたピラティスプログラムを提供いたします。

ご来店からの流れ

ご来店からピラティスセッション、お支払いまでの流れについてはこちらをご覧下さい。


flow

ピラティスの概要

ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティス(1880-1967)が考案したエクササイズです。
ジョセフ・ピラティスは、幼少の頃から喘息、リウマチ熱、くる病に悩まされ虚弱体質でした。
しかし、体操選手の父と、自然療法医の母の影響を受け、器械体操、レスリング、ヨガ、ボクシング等、 様々な運動を行い、また、解剖学 生理学を積極的に研究し、独自のエクササイズの土台を作りました。
1912年にイギリスに渡ったのち、第一次世界対戦に捕虜として参加。 そのときに看護士として働くうちに、 負傷兵のリハビリとしてベッドを改良して行うフィットネスプログラムを考案します。
これが、後にピラティス専用マシンとなります。 近年では、リハビリテーション目的、姿勢改善、スポーツパフォーマンスの向上などで指導または、 実績する人が増えており、数あるエクササイズは、全て初心者から上級者まで幅広く難易度を調整することが可能です。

『After 10 sessions you'll notice a difference after 20 others will notice… after 30 you'll have a whole-』 Joseph Pilates
『ピラティスを10セッション受けた後には違いがわかり、20セッション終了後には違いを理解し、30セッション終了後には まったく新しい身体を手に入れてるでしょう』 ジョセフ ピラティス

ピラティスの種類

マットピラティス

マットを使用してのグループレッスンと、プライベートレッスンがあります。
グループレッスンでは、一人の指導者に対し、複数人が受講可能。 BODY VOICEでは、マットの他、マジックサークル、ミニボール、フォームローラー、セラバンド等の小道具を取り入れ、二人または三人のグループで行います。

マシンピラティス

ジョセフ氏が開発したピラティス専用器具を使用して行われるピラティスエクササイズであり、1対1のプライベートレッスンや、少人数で行われるセミプライベートレッスンがあります。
*器具⇒ピラティスリフォーマー、キャデラック、タワー、チェア、バレル(スパインコレクター)、ラダーバレル等。
BODY VOICEでは、1対1のプライベートセッションで、個人に合わせたプログラムを提供致します。

マットピラティスとマシンピラティスの違い

マットピラティスでは、基本、重力との戦いで、自重を使ったエクササイズが多く、また、空間の中で骨盤や背骨、腕や脚を正確に コントロールする事で効果が上がりますが、なかなか難しい場合もあり、誤魔化す事も出来てしまいます。
その為、マットエクササイズに、サポートや気付きを持つ為に、小さな道具を使用する事が多いです。(ボールやセラバンド等)

マシンピラティスは身体にかかる負荷を自由に変更する事が出来ます。 高齢者や怪我をされてる方向けに、負荷を小さくサポートするように使用できますし、筋力のあるスポーツ選手や、バランス力を 必要とするダンサー向けに負荷を強くかける事も可能です。
あえて弱い負荷でコントロール力を向上させる事もできます。 どちらも利点 欠点があります。
特に、プライベートセッションでは、マットとマシン 両方を使用していきますので、利点を最大限に活かしていけます。

ピラティスの効果

体幹だけでなく、四肢の筋力強化、柔軟性向上、筋持久力の向上が期待できます。
その結果

  • 姿勢、歩行の改善
  • 身体のバランスが整う
  • 身体が引き締まる
  • 肩凝り 腰痛の痛みの軽減、症状の改善
  • スポーツパフォーマンス能力の向上
  • 動作パターンの改善
  • 産前産後の骨盤周りのケア
  • 呼吸機能の改善 等

*全ての年代に適応します。
*運動が苦手な方、アスリートの方、老若男女 どなたでも出来るエクササイズです。

⇑ topへ